共通ポイントカードをうまく使う

ポイントカードとは、買い物等の際に提示し、一定金額毎にポイントが付くカードの事です。
近頃は、多くの店舗で利用する事が出来るようになりましたが、店舗や業種をまたいで利用出来るポイントサービスの仕組みが共通ポイントです。
Tポイント、Pontaポイント、楽天スーパーポイント等が代表的です。
この共通ポイントと近年普及し始めた電子マネーをクレジットカードと組み合わせる事で、効率的にポイントを貯められるようになります。
例えば、コンビニ等で使えるポイントカードを買い物時に提示する事でポイントが得られます。
この際の支払いをクレジットカードで行う事で、上記のポイントに加えてクレジットカードのポイントも合わせて取得出来ます。
また、電子マネーのチャージにクレジットカードを使う事で、電子マネー利用時とチャージ時でポイントが二重に取得可能です。
ただし、電子マネーのチャージでは、ポイントがつかないクレジットカードもあり、注意が必要です。
ちらしやアンケートに答えるサービス等でもポイントが付与されるようになり、上手く組み合わせる事で効率よくポイントを貯める機会が増えています。
さらに異なるポイントの相互交換等も出来るようになりますます便利になっています。

2014年4月8日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です