ポイントカードの使い方

ポイントカードが巷に出回っていますが、使い方によってはたくさん持っていてもいつの間にか期限切れになっていて無効になり、意味がない事もあります。効率的に貯めて使うにはどうしたらいいのかコツ大きく分けて3つあります。
まず1つ目にポイントカードはメインカードを決める事によってポイントを集約できるという点です。複数の同業他社のポイントカードを持っていても貯まる効率は断然一つに絞った時よりも歴然の差になります。良く使うお店をピックアップしてあまり使わないお店のポイントカードを持たない使い方が既存のポイントを貯める近道になります。ポイントカードによっては年間利用実績を伸ばせば、さらに値引きやポイント付加率がアップする場合もある為、出来る限り集約した方がメリットが高いです。
2つ目にポイントカードの特徴として、いくら分買うといくら分のポイントがつくといった決まりがあり、それぞれポイント還元率が違うので、よりポイントを得やすいカードに的を絞る事も大切です。また日によってポイントが倍につく日がある所だと上手く利用して貯めやすくなります。
3つ目にポイント提携しているお店が多いポイントカードは候補の一つにもなります。クレジットカードに該当する場合が多いですが、最近では保険代、病院の治療費、年金や税金、ファミレスなどの外食、コンビ二での買い物など多岐に渡っています。今まで現金で支払いをしてポイントがつかない買い物でもポイントが貯まるクレジットカードを利用する事によってポイント貯まる買い物が広がってきたので、現在はまだクレジットカード払いをしていない場所でもクレジットカードを使ってみるという手段もあります。
コツはいくつかあるのですが、地道にポイントが貯まりやすいカードを厳選して、クレジットカードが使用できるところであればクレジットカードを使う、当たり前の方法がポイントを効果的に貯める最善の方法と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です