バブル世代の仕事の基本

バブル世代の仕事は、慎重さやプロセスの大切さよりも、当たって砕けろという具合に正面突破で困難を乗り越えていくというのが得意技とされています。

バブル景気当時の雰囲気が全体的に浮かれていたこともあり、ノリを重視に仕事が行われ、結果として今では考えられないようなやり方で仕事をとってきたという人も少なくありません。

しかしながら、コンプライアンスなど様々なことが言われ始め、バブル世代がその時代に知識として身に着けたことが今には通用しないということも多々あります。

また、現在の若者世代のようにバブル景気を一切知らない世代とバブル世代とでは折り合いがあまり良くなく、お互いに理解しようとしない雰囲気があります。

これは通常の世代間ギャップ以上の開きとなって現れ、コミュニケーションの取りにくさにもつながっています。

また、仕事のやり方も若者世代はコミュニケーションをとりながら、慎重に事を運ぶのが特徴でその仕事ぶりに不満を覚えがちです。

こうしたことからも他の世代との強調がなかなかしにくいのもバブル世代の特徴です。

バブル世代が本領を発揮するのはパワフルさで局面を打開しなければならない時です。

組織には鉄砲玉と呼ばれる、闇雲に突っ走っていく存在が必要でこの存在が組織を鍛えていくことになります。

元気がない日本社会、日本経済において若者には出せない元気強さを出していき、若者がそれに触発されていくような展開が求められています。